MENU
  • A
  • A
  • A

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

人間らしい精神・行動、そして社会は、脳のどんな仕組みで実現されるのでしょう。私たちはその秘密を解明する「人間脳科学」を展開しています。脳機能画像と生理・行動計測、社会調査を駆使し、基礎から応用まで人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指します。みなさまのご参加をお待ちしています。

研究テーマ

自己を創る脳

「自己」は脳でどのように生まれ、我々の認識や行動、適応性にどう影響を及ぼすのでしょう。身体・運動・社会性・メンタルヘルスなど、自己の多様な側面について、謎の解明に挑戦しています。

価値はどこから生まれるか

脳は多様な感覚入力を統合し、知識・記憶を参照して事物や環境の価値を評価しますが、その過程はまだ謎だらけです。様々な行動実験・脳計測実験から、その不思議な実態が明らかになってきました。

言葉とコミュニケーション

人間はコミュニケーションによって社会を作り、言葉はその強力なツールとして気持を伝え人を動かします。これらの機能とその獲得の脳内基盤の解明は、人間理解と教育応用への貢献が期待されます。

災害と生きる力

人生の様々な逆境を乗り越えてゆく人は、どんな心理・行動的特徴を持っているのでしょうか。2011年の東日本大震災の被災者を対象とした調査から、8つの特徴が明らかになりました。

未来を拓く人間脳科学

超高齢社会・災害の多発・スマート社会。環境や社会の変化は我々の生活や価値観をどう変えるのでしょうか。認知・脳科学の視点から、人間らしい生き方、技術や社会のあり方について未来への提言を目指します。

ニュース

202206.09研究

フランス・クレルモンオーヴェルニュ大学にて招待講演

フランスのクレルモンオーヴェルニュ大学の社会・認知心理学研究室から招待され、自分の研究発表 (タイトル: Socia

202205.20研究

自己主体感と自己超越の関係(論文発表)

自分の行動を自分が行ったという感覚「自己主体感」は、運動感覚レベルの時間知覚を歪め、その指標がIntentional

202204.27研究

第二言語習得に領域一般の聴覚能力は重要か。(日本とイギリスの国際共同プロジェクトの論文出版)

多くの人が外国語の習得は簡単ではないと感じています。最も効果的かつ効率的に外国語を習得できる方法を探るために、イギリ

202204.20お知らせ

【募集終了しました】ポスドク公募:質の高いコミュニケーションの脳基盤解明(〜5/31)

人間のコミュニケーションの背景にある動機や、その成否を決める心理・認知過程について、モデル化と脳科学的な理解を目指す

202204.20お知らせ

【募集終了しました】助教公募:質の高いコミュニケーションの脳基盤解明(〜5/31)

人間のコミュニケーションの背景にある動機や、その成否を決める心理・認知過程について、モデル化と脳科学的な理解を目指す

202204.01研究

他者との相互作用を通した外国語習得(新規研究プロジェクト)

外国語によるコミュニケーション能力は、他者との相互作用(interaction)を通して習得されることが知られており

202204.01研究

対話モードとその継続動機の脳イメージング(新規研究プロジェクト)

日常で我々のコミュニケーションの動機は様々です。対話継続の背景にある動機によって、多様な「対話モード」が想定されます

202204.01研究

今年度からの支援プログラム採択学生(学振・大学院プログラム)

今年度より3名の学生が日本学術振興会特別研究員及び東北大学の大学院プログラムでサポートいただけることになりました。「

202204.01研究

あの頃の苦くて甘い記憶(新規研究プロジェクト)

一口に「懐かしい」と言ってもそこには多様な質感があります。「あの日あの場所」や「あの頃」という記憶の側面、そして「幸

202203.30できごと

歓迎・送別・祝賀会を行いました(オンライン)

3月から研究室に参加したVictoria-anne Floodさんの歓迎会 兼ねて田邉先生、平野香南さんと濱本裕美さ

202203.29研究

自発的な発話における脳内プロセスの解明は可能か?(学会発表)

スピーチをするためには内容を考えたり、言語的要素を選択したり、次の内容との関連性も考えながら話を組み立てなければなり

202203.11研究

第二言語の暗示的文法知識は脳内にあるのか。(論文出版)

言語知識には、意識的に使う明示的知識と無意識的に使う暗示的知識の2種類があることが知られています。第二言語は、母語の

202203.01研究

防災教育効果の脳メカニズム理解へ向けて(シンポジウムフラッシュトーク)

防災教育の効果はどのような心理過程を介して効果をもたらすのでしょう。防災教育動画を見ている時の脳活動から、災害避難意

202202.28研究

援助行動の心理的規定因(シンポジウム講演)

近年の認知神経科学では援助行動の心理規定因として、もっぱら共感的関心が注目されています。しかし、災害における援助行動

202202.09研究

安全運転を支える/妨害する脳活動(論文出版)

交通事故の多くは注意力散漫が原因であるとされています。これまで、ドライビングシミュレータを用いて運転時の脳活動を検討

202201.17研究

コロナにどう対処していますか?(プレプリント公開)

新型コロナは,人々の感染予防行動を劇的に変化させ、感染予防実施や社会的混乱による逆境を克服しています。本研究では、4

アクセス

東北大学加齢医学研究所(IDAC)
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
スマート・エイジング棟3F
E-mail: hubs@grp.tohoku.ac.jp