MENU
  • A
  • A
  • A

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

人間らしい精神・行動、そして社会は、脳のどんな仕組みで実現されるのでしょう。私たちはその秘密を解明する「人間脳科学」を展開しています。脳機能画像と生理・行動計測、社会調査を駆使し、基礎から応用まで人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指します。みなさまのご参加をお待ちしています。

研究テーマ

自己を創る脳

「自己」は脳でどのように生まれ、我々の認識や行動、適応性にどう影響を及ぼすのでしょう。身体・運動・社会性・メンタルヘルスなど、自己の多様な側面について、謎の解明に挑戦しています。

価値はどこから生まれるか

脳は多様な感覚入力を統合し、知識・記憶を参照して事物や環境の価値を評価しますが、その過程はまだ謎だらけです。様々な行動実験・脳計測実験から、その不思議な実態が明らかになってきました。

言葉とコミュニケーション

人間はコミュニケーションによって社会を作り、言葉はその強力なツールとして気持を伝え人を動かします。これらの機能とその獲得の脳内基盤の解明は、人間理解と教育応用への貢献が期待されます。

災害と生きる力

人生の様々な逆境を乗り越えてゆく人は、どんな心理・行動的特徴を持っているのでしょうか。2011年の東日本大震災の被災者を対象とした調査から、8つの特徴が明らかになりました。

未来を拓く人間脳科学

超高齢社会・災害の多発・スマート社会。環境や社会の変化は我々の生活や価値観をどう変えるのでしょうか。認知・脳科学の視点から、人間らしい生き方、技術や社会のあり方について未来への提言を目指します。

ニュース

202211.24できごと

信じる過程の異分野連携研究から多文化間比較展開へ(研究会講演)

生きる力8因子のうち自己超越に関わる行動・脳研究は、神学分野と脳科学を含む多分野の連携から「信じる」という心的過程に

202211.17できごと

認知神経科学の異分野融合研究に向けて(セミナー)

基礎認知神経科学と応用分野の共同研究を進めるためには、認知プロセスでものを考えること、マンパワーとその役割分担を考え

202211.16研究

自己評価は受容や拒絶の感情に関連するか?(ポスター発表)

否定的な自己評価は、社会的受容と拒絶に関連している。先行研究で、人は謙虚さを示すために自分を否定的に評価し、社会的受

202211.15研究

「自分の身体に対する認識」はどうやったら変化するのか?(ポスター発表)

自分のことを太っていると強く思い込む・自分の体型に嫌悪感を抱くといった自分の身体に対する認識は、摂食障害の原因として

202211.08できごと

脳科学で明らかになった英語習得 (インタビュー記事掲載)

ワールド・ファミリー社 バイリンガルサイエンス研究所が発行するインターネットメディアにインタビュー記事が掲載されまし

202211.05研究

あなたはなぜマスクを?ポストコロナ時代のマスク着用心理と社会的共調(ポスター発表)

日本人はなぜマスクを着用するのか。その裏に隠された心理を調べるために行った質問紙調査の結果を、箱根町で開かれた「第4

202211.01お知らせ

SNSを活用したコミュニティづくりの社会実験開始

ふだんから助け合える人間関係があれば、いざというときにも安心ですよね。東北大学災害科学国際研究所では、災害時にも助け

202211.01お知らせ

助教/ポスドク公募:人間らしい精神と行動の脳基盤解明(〜11/30)

人間らしい精神と行動を実現する脳の仕組みについて、自身のテーマで研究を進めつつ、研究室で実施する質問紙調査、行動・脳

202210.27研究

人助けを躊躇する脳(論文プレプリント公開)

目の前の困っている人を助けるべきだとわかっていても、躊躇してしまう人は少なくありません。その時、脳では何が起こってい

202210.27できごと

生きる力としての社会性の多面性理解に向けた脳研究(研究会発表)

人間のサバイバルの鍵が社会性であることが、災害を生きる力の8因子に含まれる多様な社会的側面に見て取れます。その多面性

202210.26できごと

災害レジリエンスへの人間中心アプローチ(日米ワークショップ)

災害の分析において、影響の人間的側面をより正確に捉えるには、どのような学際的アプローチ・研究基盤が必要でしょうか?人

202210.16研究

脳の注意関連部位の補償が高齢者の自動車運転を支えている(ポスター発表)

神戸といえば洋菓子の街。そんな神戸で開催された日本認知心理学会第20回大会に参加してきました。久々のリアル学会参加で

202210.15研究

ポジティブな言葉が与える力(ポスター発表)

ポジティブな言葉は人々を元気づけ、やる気を与え、苦しみや悩みを和らげる目的で日々使われています。しかしどのような人に

202210.15研究

コミュニケーションにおいて身体動作と親近感をつなぐ脳活動(論文出版)

私たちが親近感を抱く際、生物性(顔のようなものがあるかどうか)が重要であることがわかっていました。さらに最近、運動も

202210.14できごと

社会的言語学習: 中国の浙江大学にて招待講演

最近の一連の研究を通して(e.g.Jeong et al., 2021)、単語リストで覚える、翻訳から覚えるといった

202210.06研究

適応的な感情制御特性の脳基盤(論文プレプリント公開)

感情的ストレスへの適応的対処法略として認知的再評価 (状況をあまり辛くないように再解釈する)と受容 (現実をあるがま

アクセス

東北大学加齢医学研究所(IDAC)
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
スマート・エイジング棟3F
E-mail: hubs@grp.tohoku.ac.jp