MENU
  • A
  • A
  • A

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

人間らしい精神・行動、そして社会は、脳のどんな仕組みで実現されるのでしょう。私たちはその秘密を解明する「人間脳科学」を展開しています。脳機能画像と生理・行動計測、社会調査を駆使し、基礎から応用まで人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指します。みなさまのご参加をお待ちしています。

ニュース

202405.29お知らせ

安全 × 脳科学〜事例からより良く学ぶために〜(シンポジウム)

航空・鉄道・医療・電力のような複雑なシステムの高い安全性を維持するためには、事故などの失敗事例や、成功事例から学ぶこ

202405.21お知らせ

「自己像に影響を与える社会的要因」第二回研究会(研究会開催)

本研究会は、どのような社会的要因が自己像の認識・評価に影響を与えるとして問題視されているのか、自己像の認識・評価の歪

202404.26できごと

第21回人間脳科学セミナー 情動・音楽・言語の社会認知脳科学

第21回人間脳科学セミナーでは、イギリスのランカスター大学のDr. Francesca M.M. Citronをお招

202404.24できごと

新メンバー歓迎会(夜の部)

2024年度から研究室に新しく配属となった岡本先生、榊先生の歓迎会を行いました。 どちらの先生もユニークな考え方を

202404.23できごと

CogNAC fMRI講義シリーズ1: fMRIで何ができるか?

fMRI研究初心者向けに、(1)fMRI研究の概要、(2)fMRIの応用例、(3)実験に向けて必要な準備についてお話

202404.22研究

医学部学部生の英語論文に対する論文奨励賞受賞(東北大学病院辛酉会論文奨励賞)

​​​​​​東北大学医学部には、東北大学病院

202404.19できごと

新メンバー歓迎会&進学の祝賀会

杉浦研究室の新しいメンバー、高木さん、暢さん、DENILSONさん、黒川さんを迎えて、さらに、Yin Mayさん、Y

202404.18できごと

顔面開放型コイル説明会

この度、脳MRIセンターの3Tのヒト用MRIに MRIスキャナーの中で表情や眼球運動計測を 行うための顔面開放型

202404.16できごと

AI社会における自己変容を3層で考える(研究会発表)

生成AI、仮想技術、ロボットなど、新たな技術が普及する社会で「自己」はどのように変容するのでしょうか。自己認識に関わ

202404.15研究

道徳判断では犠牲者はどう考えられていますか?(ポスター発表)

トロッコ問題のように人の死生を決める道徳的な判断では、選択肢の価値差だけでなく、犠牲になるものの価値も考えされている

202404.14研究

誰にも知られていないときでも、自己評価をコントロールしているか?(ポスター発表)

Sociometer theoryという心理学理論によれば、個人は肯定的な社会的相互作用を促進するために自己評価をコ

202404.10できごと

父親と母親で子どもへの情緒的絆は異なるか〜脳科学で考える〜(シンポジウム)

父親と母親で子どもへの情緒的絆の形成過程は異なるのかについて、多分野の研究者が脳科学という視点から議論しました。

202404.01お知らせ

応用認知神経科学センター(CogNAC)設立

認知神経科学を基盤に、人文・社会科学と自然科学を融合した総合知を活用する応用認知神経科学。その創出・普及と社会実装を

202403.29できごと

まだ見ぬ自己変容にfMRIはどう迫るか(シンポジウム講演)

人工知能(AI)や仮想現実が普及した社会における適応的な「自己」の変容とはどのようなものでしょうか。fMRI研究はこ

202403.27研究

人は間違った相手に物事を覚えてしまうのはなぜでしょうか?(ポスター発表)

過去の出来事を正しく記憶しているにもかかわらず、それを間違った人物に帰属させてしまうことは珍しくありません。これは「

202403.27研究

倫理的な判断における感情的と理性的な思考の神経基盤を解明する(ポスター発表)

トロッコ問題のように人の死生を決める道徳的な判断では、感情的と理性的な思考の神経基盤をfMRIで解明した結果、独立し

アクセス

東北大学加齢医学研究所(IDAC)
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
スマート・エイジング棟3F
E-mail: hubs@grp.tohoku.ac.jp