MENU
  • A
  • A
  • A

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

人間らしい精神・行動、そして社会は、脳のどんな仕組みで実現されるのでしょう。私たちはその秘密を解明する「人間脳科学」を展開しています。脳機能画像と生理・行動計測、社会調査を駆使し、基礎から応用まで人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指します。みなさまのご参加をお待ちしています。

研究テーマ

自己を創る脳

「自己」は脳でどのように生まれ、我々の認識や行動、適応性にどう影響を及ぼすのでしょう。身体・運動・社会性・メンタルヘルスなど、自己の多様な側面について、謎の解明に挑戦しています。

価値はどこから生まれるか

脳は多様な感覚入力を統合し、知識・記憶を参照して事物や環境の価値を評価しますが、その過程はまだ謎だらけです。様々な行動実験・脳計測実験から、その不思議な実態が明らかになってきました。

言葉とコミュニケーション

人間はコミュニケーションによって社会を作り、言葉はその強力なツールとして気持を伝え人を動かします。これらの機能とその獲得の脳内基盤の解明は、人間理解と教育応用への貢献が期待されます。

災害と生きる力

人生の様々な逆境を乗り越えてゆく人は、どんな心理・行動的特徴を持っているのでしょうか。2011年の東日本大震災の被災者を対象とした調査から、8つの特徴が明らかになりました。

未来を拓く人間脳科学

超高齢社会・災害の多発・スマート社会。環境や社会の変化は我々の生活や価値観をどう変えるのでしょうか。認知・脳科学の視点から、人間らしい生き方、技術や社会のあり方について未来への提言を目指します。

ニュース

202301.12研究

次第に生き物らしく見えてくる?(論文発表)

生き物らしさの知覚は高次な認知処理と考えられていますが、知覚時間といった単純な要因も重要なようです。2枚の顔の絵を異

202301.01お知らせ

謹賀新年

昨年も大変お世話になりました。世界は我々が思い描いていたものとはどんどん違った姿になっています。まだ見ぬ世界へ正しく

202212.23できごと

医学部2022年度基礎医学修練発表会

今年の基礎医学修練の成果発表会が開催され、当研究室配属の二人も立派な発表をしてくれました。(杉浦) ・災害教育のも

202212.22できごと

運動感覚統合と自己超越〜認知神経科学的が繋ぐ災害研究と生涯学〜(研究会講演)

自己超越は身体や社会など様々な次元で自己の境界を越えた拡張の感覚や考え方を指し、個人特性としては被災経験や加齢によっ

202212.19できごと

石橋先生 有志壮行会

石橋先生の壮行会を行いました。新天地での益々のご活躍を心より祈念いたします!これまで本当にお世話になりました!(研究

202212.16できごと

送別会+慰労会(石橋先生・吉田さん・田久保さん)

石橋先生(助教)の移動と、吉田さん(B3)、田久保さん(B3)の基礎修練無事修了を祝う送別+慰労会を開催しました。コ

202212.16研究

第2言語学習と予測コーディング(第16回人間脳科学セミナー)

第16回の人間脳科学セミナーを以下のように開催しました。今回の人間脳科学セミナーは、認知神経科学分野をリードする世界

202212.15できごと

3年ぶりの加齢医学研究所スポーツ大会に参加しました

12月15日(木)に加齢医学研究所内で開催されたスポーツ大会に人間脳科学分野(CHOI, 大方)も参加しました。バス

202212.12研究

災害を「生きる力」8因子は小中学生でも存在するか(論文掲載)

災害の多様な危機・困難場面を乗り越える心理行動特性として、東日本大震災(2011)の成人被災者の見解に基づいて「生き

202212.01お知らせ

助教/ポスドク公募:人間らしい精神と行動の脳基盤解明(〜12/31)

人間らしい精神と行動を実現する脳の仕組みについて、自身のテーマで研究を進めつつ、研究室で実施する質問紙調査、行動・脳

202211.30できごと

歓迎・祝賀会を行いました(オンライン)

新しく院生として所属されたYiChuanさん、インターンとして本研究室に所属されたKidenさんを迎えての歓迎会およ

202211.24できごと

信じる過程の異分野連携研究から多文化間比較展開へ(研究会講演)

生きる力8因子のうち自己超越に関わる行動・脳研究は、神学分野と脳科学を含む多分野の連携から「信じる」という心的過程に

202211.17できごと

認知神経科学の異分野融合研究に向けて(セミナー)

基礎認知神経科学と応用分野の共同研究を進めるためには、認知プロセスでものを考えること、マンパワーとその役割分担を考え

202211.16研究

自己評価は受容や拒絶の感情に関連するか?(ポスター発表)

否定的な自己評価は、社会的受容と拒絶に関連している。先行研究で、人は謙虚さを示すために自分を否定的に評価し、社会的受

202211.15研究

「自分の身体に対する認識」はどうやったら変化するのか?(ポスター発表)

自分のことを太っていると強く思い込む・自分の体型に嫌悪感を抱くといった自分の身体に対する認識は、摂食障害の原因として

202211.08できごと

脳科学で明らかになった英語習得 (インタビュー記事掲載)

ワールド・ファミリー社 バイリンガルサイエンス研究所が発行するインターネットメディアにインタビュー記事が掲載されまし

アクセス

東北大学加齢医学研究所(IDAC)
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
スマート・エイジング棟3F
E-mail: hubs@grp.tohoku.ac.jp