MENU
  • A
  • A
  • A

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

脳を知れば人間がわかる。
世界はもっとよくなる。

人間らしい精神・行動、そして社会は、脳のどんな仕組みで実現されるのでしょう。私たちはその秘密を解明する「人間脳科学」を展開しています。脳機能画像と生理・行動計測、社会調査を駆使し、基礎から応用まで人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指します。みなさまのご参加をお待ちしています。

研究テーマ

自己を創る脳

「自己」は脳でどのように生まれ、我々の認識や行動、適応性にどう影響を及ぼすのでしょう。身体・運動・社会性・メンタルヘルスなど、自己の多様な側面について、謎の解明に挑戦しています。

価値はどこから生まれるか

脳は多様な感覚入力を統合し、知識・記憶を参照して事物や環境の価値を評価しますが、その過程はまだ謎だらけです。様々な行動実験・脳計測実験から、その不思議な実態が明らかになってきました。

言葉とコミュニケーション

人間はコミュニケーションによって社会を作り、言葉はその強力なツールとして気持を伝え人を動かします。これらの機能とその獲得の脳内基盤の解明は、人間理解と教育応用への貢献が期待されます。

災害と生きる力

人生の様々な逆境を乗り越えてゆく人は、どんな心理・行動的特徴を持っているのでしょうか。2011年の東日本大震災の被災者を対象とした調査から、8つの特徴が明らかになりました。

未来を拓く人間脳科学

超高齢社会・災害の多発・スマート社会。環境や社会の変化は我々の生活や価値観をどう変えるのでしょうか。認知・脳科学の視点から、人間らしい生き方、技術や社会のあり方について未来への提言を目指します。

ニュース

202011.19研究

他者や環境との相互作用を通した外国語習得の効果(論文出版)

人間は実生活の中で、言語の形や意味、話者の行動や意図など、複数の信号を統合して言語を学習しています。しかし、成人の第

202010.16研究

コロナ感染拡大に社会が対処するために(新規研究プロジェクト)

我々のコロナウイルス感染リスクの認識と、感染予防活動には大きな乖離があります。コロナ感染拡大に社会が対処するための多

202010.03研究

第二言語の暗示的・明示的知識の神経基盤(シンポジウム発表)

言語知識には、無意識的に使える暗示的知識と意識的に学習して習得した明示的知識があると言われています。第二言語習得研究

202010.01お知らせ

加齢研3T-MRI装置が新しくなりました

今年春まで稼働していたPhilips社製Achieva 3.0TはdStream upgradeにより最新鋭のIng

202010.01研究

コミュニケションのオンライン化の脳科学(研究スタートアップ支援採択)

ポストコロナで本格化するコミュニケーションのオンライン化で、様々な分野で人間と社会に多様な問題が懸念されます。これら

202009.17研究

オーケストラ奏者は演奏時に目で聴き耳で見る(ポスタ発表)

オーケストラの奏者たちは,どのようにして楽団全体の同期を図り,演奏を実現しているのでしょうか.国際的に活躍するプロの

202008.29研究

適切な動きが相手の親近感を向上させる?(ポスター発表)

私たちはどのような相手に親近感を抱くでしょうか?これには、見た目が影響することが広く知られています。私たちは生物性の

202008.17研究

懐かしい香りによる回想の効果を求めて(シンポジウム講演)

香りをきっかけとして「懐かしさ」を感じ過去に思いを馳せることがあります。この懐かしさ感情は気分、自尊心、社会的つなが

202008.06研究

赤ちゃんはいつ抽象概念を獲得する?(論文採択)

まだことばを話せない赤ちゃんでも、「それが何であるか」という意味的概念の学習は始まっています。ではいつどのようにして

202007.31研究

味形連合は摂食障害傾向に関連する(論文採択)

人は甘いものと丸いものを結びつけやすいことが知られていました。一方で、摂食障害傾向の高さと味や形の認識が関わっている

202007.30研究

ポストコロナを生きる力(新規研究プロジェクト)

ポストコロナの新しい生活様式で、我々はどんな問題にどう対峙してゆかなければならないのでしょうか。そこでは一体どのよう

202007.22できごと

新修士1年生の歓迎会(オンライン)を行いました

4月から新たに杉浦研のメンバーとなった中西美帆さんの歓迎会を行いました。各自の机や自宅等からオンライン接続という新し

202007.21研究

社会的状況理解の多層性とその神経基盤を解明(論文採択)

私たちは身の回りの状況を当たり前のように理解していますが、扁桃体に損傷を受けるとその理解が困難になることが知られてい

202007.16できごと

反社会的行動の脳基盤を探る(オンラインセミナー)

Dr. Stephane De Brito (University of Birmingham)にcond

202006.30研究

身体の大きさをうまく知覚できないとき、2つの脳内ネットワークが関わる?(ポスター発表)

みなさんは「自分の身体の大きさを思い浮かべてください」と言われて、正確に思い浮かべることができるでしょうか?摂食障害

202006.24お知らせ

第三の思考法としての無意識思考(書籍出版)

考えを寝かせるとひらめきが生まれたりするのは何故でしょうか?卒業生の影山徹哉さんの本Third Thinking(あ

アクセス

東北大学加齢医学研究所(IDAC)
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
スマート・エイジング棟3F
E-mail: hubs@grp.tohoku.ac.jp