MENU
  • A
  • A
  • A

研究テーマ

Research theme

価値はどこから生まれるか

脳は多様な感覚入力を統合し、知識・記憶を参照して事物や環境の価値を評価しますが、その過程はまだ謎だらけです。様々な行動実験・脳計測実験から、その不思議な実態が明らかになってきました。

関連ニュース

202210.15

ポジティブな言葉が与える力(ポスター発表)

ポジティブな言葉は人々を元気づけ、やる気を与え、苦しみや悩みを和らげる目的で日々使われています。しかしどのような人に

研究

202210.15

コミュニケーションにおいて身体動作と親近感をつなぐ脳活動(論文出版)

私たちが親近感を抱く際、生物性(顔のようなものがあるかどうか)が重要であることがわかっていました。さらに最近、運動も

研究

202208.30

「私は太っている」と思う時、どのような脳活動が起こっているのか?(プレプリント公開)

自分自身を太っている、と思う時には「どのように自分が見えているか(正確に自分の体の大きさを推定できるか)」と「どの程

研究

202204.01

あの頃の苦くて甘い記憶(新規研究プロジェクト)

一口に「懐かしい」と言ってもそこには多様な質感があります。「あの日あの場所」や「あの頃」という記憶の側面、そして「幸

研究

202201.12

自分自身の身体に対する認識と摂食障害傾向との関連(論文出版)

摂食障害の患者さんは自分のことを太っていると思ってしまうことが知られていますが、どうしてそのように思うのでしょうか?

研究

202112.27

感情を細かく認識するには?(発表会金賞受賞)

自分の感情を細かく知るには、どんな脳活動が関わっているのでしょうか? 今回、自分の感情を細かく認識する能力である「

研究

202112.07

心からの褒め言葉とお世辞(口頭発表)

私たちはfMRIを用いた「心からの褒め言葉」と「お世辞」 を比較した研究結果から、日常生活における褒め言葉には「動機

研究

202112.02

「褒め」の二面性(プレプリント公開)

私たちの日常生活では「褒める」ことがありますが、その中には「真の褒め言葉」と「お世辞」の2種類があります。多くの分野

研究

202111.12

「どう思うか」が「どう見えるか」に影響する?(ポスター発表)

人は周りのものを正確にそのまま知覚できるのでしょうか?例えば摂食障害患者の方や醜形恐怖症の方は自分自身の身体に対して

研究

202110.17

消費者目線の商品分類 (ポスター発表)

消費者が実際にその商品を使用し評価した考えや感想を基に商品の分類を考えることは、それら商品間の関係性の実態を理解する

研究
先頭前へ 1 2 3 4 5 次へ最後